加齢臭の原因

加齢臭である体のニオイの原因は本来健康状態のバロメーターと言えます。

肉食の多い欧米では、さほど気にしていないのですが、最近日本では生活習慣の変化で、加齢臭と言う名前が付きそれを気にする人が多くなりました。

加齢臭の主な原因は、皮脂の分泌によるものやバクテリアの増殖などがあげられます。

毛穴から出た汗と皮脂汚れが、紫外線により酸化し、バクテリアの増殖で汚れが発酵することで、ノネナールと言う悪臭成分をうみだします。

通常、人間は40歳から50歳ごろにかけて、皮脂腺の酸化への抵抗力が弱くなってきます。

人によって個人差はありますが、抵抗力が弱まることで加齢臭の原因であるノネナールと言う悪臭成分を発生させやすい状態になってしまいます。

抗菌ブームやニオイに敏感な日本人の中では、加齢臭と言うだけで周囲から嫌われたり、陰口を言われてしまうこともあります。

このために加齢臭対策として様々なアイテムが販売されています。
その代表的なものが加齢臭石鹸です。



加齢臭石鹸ってなに?

加齢臭石鹸は、ニオイの原因を洗い流す洗浄成分として、天然の泥成分や、消臭効果のある緑茶や柿から採れるタンニンなど多く配合した石鹸です。

とくに柿渋に含まれる柿タンニンと言う成分は緑茶の数十倍もの消臭効果があるといわれ、さらにデリケートな皮膚の保護をする効果もあります。

その他にも植物から抽出された天然保湿成分である数種類の天然植物エキスを凝縮し配合されています。

天然の植物が肌に合わないという例もありますので、質の良い加齢臭石鹸を選ぶ事をお勧めします。